一人一人は小宇宙。みんな揃って大宇宙(みなこ&かおり編)1

2017/01/12

皆さんもご存知の様に
天皇ご一家の御用邸のある栃木県那須町にはAroma.Ya.空 -minakoroom-
餃子の町で有名な、栃木県宇都宮市には Aroma.Ya.空 香~Kaorin~
という2店のAroma.Ya.Soraの支店があります。

minakoroomでは あくつみなこさん
香~Kaorin~では さとうかおりさん
がセラピストとして活動しています。

今日はminakoroomのあくつみなこさん(以後みなこさん)
香~Kaorin~のさとうかおりさん(以後かおりさん)が
先日、石垣島に2週間、リトリートを兼ねたレッスンにいらっしゃった時の「宇宙の法則による軌跡(奇跡の珍道中?)」について書きたいと思います。

2人との出逢いはかれこれ遡ること7年前…

私がオーストラリア留学を決意、それ故、Aroma.Ya.空のクライアントさんの施術を代わりに引き継いでくれ、Aroma.Ya.空のDNAを受け継いでくれる人を育ててから渡豪しようと思っていた時でした。

[アロマはセレブの物だけではない!老若男女、どなたにも日常に必要なケアであり、植物の生命力と人間の命との共鳴により、本来の自然治癒力が引き出され、自分として美しく健康な人生を送るためのもの。
心、カラダ、魂のホリスティックであり宇宙の法則、自然の法則によるOnenessなケアが本来人間にとって必要]

だということに深い共感をし、Aroma.Ya.空のアロマを学びたいと言ってくださった方々です。
(当初はお客さんとして来てくださっていた美奈子さんと香さんでした。)

当時、こんなことを言っているアロマの店はあまりなく、とても希少なマニアックな店だったと思います。

お2人ともお子さんを抱えたお母さんであり家庭がある身。
経済的にも時間的にもやりくりが必要で、子育てや家事をしながら、Aroma.Ya.空のセラピストになるためのトレーニングは並大抵ではなかっただろうと思います。よほど、コンセプトに深い共鳴と信念がなかったら続いてこなかったのではないかと思います。

Aroma.Ya.空のポリシーに沿っていくには生き方そのものから改革が必要であり、度々、自分と真摯に向き合っていくことが必然になり、当初から泣いたり笑ったり大忙しでした。

言い換えるとテクニックだけのアロマセラピーを覚えればいいということではなく、自分自身も本来の自分に精通し続けながら、スピリチュアルな世界での気づきを現実の生活の中に活かしていく生き方になるからです。

その甲斐あって、覚悟を決めてAroma.Ya.空の仕事=生き方そのものとしてくれた2人は私がシドニーで生活している間日本でクライアントさんを引き継ぎAroma.Ya.空のコンセプトを元に活躍し続けてくださっていました。

昨年、私はオーストラリアから帰国。しかし、彼女達が受け継いでくれた栃木で再び活動することはせず、リトリートに最適の場所石垣島に新しいAroma.Ya.SoraをOPENしました。

同時に、彼女たちはいつか機会を得て、次は石垣島でのリトリートとレッスンを受けたいという目標をもってくれていたようでした。

そして、今回この機会は2人同時に宇宙からオーガナイズされました。申し合わせたわけではなかったそうですが、タイミングが同時期になったのです(愕!)


まず、これが一つ目の宇宙からのギフトでした。

「二人一緒に来ることになったことには、どんな意味があるのだろう。。。?」・・・・

宇宙の法則その1

「自分で意図していないのに何かに突き動かされるようにその様に成る…」
〜ここに宇宙の仕掛け?マジック?イタズラ?ミステリアス???が存在します。


私は最初、この宇宙オーガナイズを単純にとらえ、「よし!お互いにレッスンモデルになれるから好都合!」と、二人同時のレッスンプログラムを考えました。

そのことを事前ミーティングで二人に話すと….


おやおや…? なんだか雲行きが怪しい…?
素直にそのプログラムを受け入れている雰囲気ではないのです。

特にかおりさんからの空気はど〜〜〜んと重みがあり、ミーティング中もほとんど何も話しません。声に出さないなんらかの抵抗がジワジワと…   空気から伝わってきます。

〜 二人は仲良しのはずなのになんでだろう・・・?

数日後。。。
2人別々の時間にレッスンをすること、私と1対1での時間がメインのプログラムに変更し、彼女達に伝えたら今度は納得してくれました。

ふ〜〜〜っ…(汗)

一発目の宇宙オーガナイズの謎解きに失敗!
こんな簡単で都合の良い答えじゃなかった。
らしい。。。( ;∀;)


宇宙オーガナイズ: 私の課題発見その1:
「安直に考えるのではなく、もっと大きな視点で流れを見る、見守ること。」


それにしても本人の意志や感情とは違う次元でなにやら別の理由がありそうだ…もっと深い他の理由(大いなる力側の理由)もあるに違いないと感じていました。

その後も奇妙な一致と不可解なズレが続きました。

石垣に来る日と帰る日は同じ日でありながら石垣空港に到着する飛行機の時間はバラバラ。
でも、宿泊のゲストハウスは同じところを選んでいるのです。

同日に2回空港に迎えに行き、同日に同じゲストハウスにチェックインのために2度送る。これが彼女達来島時の初日の私の仕事になりました。一瞬、「せめて同じ飛行機で来てくれたら手間が省けるのに….!トホホ。。。」

(私のエゴの声)

そう思った私を誰も責めることはできないハズ…


でも、この流れの中で何が起きるのか観てみることにしました。
(私のハイヤーセルフからの指令)課題1からの学び


そうなんです。
この同日に別々の時間に来る!ここに第2の宇宙オーガナイズが働いていたのです。


まず、最初に到着したみなこさん。
待ちに待ってやっと来られた石垣島に大感激してくれると思いきや…(私のエゴの期待)
石垣空港に到着するなり飛行機に乗るという全ての行為、機内でのの孤独感や緊張感で一切何も楽しめず、誰とも話せない苦痛、一人で何をしたら良いのかわからない孤独と不安はとてつもなく長いものに感じられたようでした。

おまけに行きのLCCで荷物が重量オーバーで追加料金を払うことになったらしくこの突然の出費に怒り沸騰。目をまん丸にして怒っているではありませんか!(愕)

(みなこさんはなんと那須から私に煮干しや黒米、ひじき、特製味噌、minako特製ドレッシング3本、手作りのポーチetc…大量のお土産とご本人が食べる玄米、味噌、実家のお母さんが育てた里芋等々。。。とにかく様々な荷物を持ってきていました。これでは重量オーバーになるわけです…)

みなこ:「千葉先生がどうして石垣島はいいところだ。と言っていたのかさっぱり意味がわかりませんっ!」

行きの飛行機での恐怖感と不安感はなかなか払拭できなかったらしく、罪のない石垣島にまで当たる始末.. (◎_◎;) うぉ〜〜〜。。。その理屈は変でしょ〜〜〜。

みなこさんが真剣に訴えてくればくるほど、笑いが込み上げてきてしまうのは何故なのでしょう…?(笑)
私が笑うとみなこさんも可笑しくなるのか、やっぱり最後は2人で笑ってしまいます。


みなこさんは一人で飛行機に乗るという宇宙オーガナイズが与えられたことにより、シュチュエーションによる自動反応、恐怖と不安を感じ、自分のマインドの課題と対面することになったようだったのです。


宇宙オーガナイズ:みなこさんの課題発見1

一人になること=静寂、新しいことにチャレンジすることへの恐怖感と向き合うことによる真実への世界への探求



普段、明るくて前向きに何でもチャレンジするみなこさんなので、みなこさんを良く知っている人であれば、飛行機の中の孤独感に耐えられないという事が露わになることなど想像がつかないことだと思います。傍から見たら、このリアクションはみなこさんにとって不自然なことであり、過去のトラウマ、カルマの影響による独特の恐怖感からのものなのでしょう。

この「嫌な感じ」がするというところ。本来の自分とのズレがあるというサインなのです。

宇宙の法則その2

宇宙は喜ばしいギフトも授けてくれますが、自分の課題とも直面させてくれる。

まず、一つ目の宇宙オーガナイズの謎が解け、まずは、みなこさんのマインドの今回超えられると思われる課題が見えてきました。

「そういうことだったのか…」


2へつづく


上へ