腎臓透析からの解放への道 2 〜ホリスティックケアによるアプローチ〜

2019/09/28

3回目の施術以降、チャクラだけでなくいよいよ肉体、各臓器からの反応...! からだの声を聴く

第3回目施術before左→after右 施術後背面のバランスもだいぶ安定してきている様子
第3回目施術before左→after右 施術後背面のバランスもだいぶ安定してきている様子

「腎臓透析からの解放への道 2 〜ホリスティックケアによるアプローチ〜」このストーリーの前に1をお読みになっていない方はコチラから → https://aromayasora.com/blog/item.cgi?Id=126

5月13日、3回目の施術。前2回の施術で肉体のチャクラ第1チャクラ、第2チャクラと反応が出始めていたので(病気の症状がある方は第1、第2、第3までのチャクラに十分なエネルギーを得た後、4,5,6,7の上方向に移行する)今回は大地のエネルギーと接続する施術に加えさらにレイキヒーリングを第1から第3チャクラに施術。
さとえさんは各臓器の反応、臓器がさとえさんに何を訴えているのか...を聴くための過程にいこうしたようです。
以下さとえさんの施術後の感想です。


「明子さん、今日もありがとうございました(grin)

毎回違う身体の反応がとても不思議です。

早速ですが、昨夜と、今朝に右側頭部の痛みを感じていた事と、前回の透析から3キロ以上増えた体重のお陰で、ダルサとむくみと重さを感じていました。

施術に間もなく、第2チャクラ、第3チャクラと反応を感じて、その後肩、右脇腹、腕、足などに電気が走る感覚と、エネルギーが足から上に向かって上がってくるのを感じ。

子宮、脾臓付近、右腕、右足指にビリビリした痛みを時々感じました

レイキを腎臓にうけた時には、腎臓が強く反応 し体内で動きを感じはじめました。また、右尿管付近に存在を感じ、下に流すような感覚を覚えました。
子宮にレイキをうけると、体内で動いているのと、痛みがありました。
体内の水分量が増えていたので、電気が走るような痛みを沢山感じたのかは分かりませんが、身体はずっしりと重く、身体の感覚が薄れて、呼吸もなくなるような感じを受けました。

施術の後はすっきりしていましたが、なかなかビリビリが取れなかったのが今日の特徴でした。
臓器が動き反応するのには、びっくりでした。
ありがとうございます(hearts)」

からだの声の聴き方

若い頃何度も脱臼を繰り返していた左肩。Beforeは筋肉に腫れがありますがAfter(右)はだいぶ平らになりました。
若い頃何度も脱臼を繰り返していた左肩。Beforeは筋肉に腫れがありますがAfter(右)はだいぶ平らになりました。

からだに本来のエネルギーが動き始めると、頭ではなく身体に意識をおくことでさとえさんのように各チャクラのや各臓器の反応を感じられるようになってきます。

今までも身体はさとえさんになにかを訴えてきていたはずですが、おそらく、誰もがそうなようにマインド(思考)の声にかき消され「身体のほんとうの声」が聞こえなかったのだろうと思います。

しかし、この後今回の施術を機に身体の声の聴き方をさとえさんは日常でも意識するようになられたようです。

わたしが遠方に出張のため施術がいったん中断。その際のさとえさんの身体の声

施術後中心軸が整うものの、また左側に反応が出続け、気づいてほしいと訴え続けている様子。施術前(左)
施術後中心軸が整うものの、また左側に反応が出続け、気づいてほしいと訴え続けている様子。施術前(左)

「こんにちは
石垣島に戻っていますか?(smile)

前回の施術からの変化を報告します。
ウォーキングをすると特に分かりやすいのが、
身体の軽さです。
瞑想をするとチャクラの反応が分かりやすくなっています。

火曜日から木曜日までは、瞑想時に子宮付近の痛みを強く感じました。その後は、左半身が電気がビリビリ走るような痛みを感じ、今週に入り、痛みはなくなりましたが、左半身の存在だけを感じる感じになっています。

この左半身だけビリビリしたり、存在をうったえてきたりしている意味がまだ分かりません😅

明子さんに施術をしてもらっている時も、左足裏からのビリビリはいつも感じています。何か関係あるのかな?
瞑想の時に、それをじっと見守る?
見守りが足らなかったかもしれません^_^」

※ 左側にばかり反応が出ている意味:過去のトラウマやカルマからの思考癖、間違った思い込みを外すために身体が反応している。

中略...一度は子宮を切除しようと決意。しかし、8月18日5回目の施術により手術撤回!

身体の可動域も安定。最初とは全く違い柔軟になってきています
身体の可動域も安定。最初とは全く違い柔軟になってきています

身体に反応が出、さとえさんが身体の声を聞けるようになってきて早、2ヶ月...

地球の重力干渉を抜く新たな施術「空(kuu)」とレイキヒーリングに施術を切り替え、30分だった施術時間を1時間に延ばし更なる調整をすることにしました。

さとえさん自身も身体の声をよく聞けるようになってきていたこと。そして施術時に子宮、腸、腎臓の反応が更に強くなってきたからです。これは本当に喜ばしいことでした。

今までは特に1番症状が出ている臓器、腎臓の声は皆無だったようでした。

1度目の「空(Kuu)」の施術後、腸と子宮のバランスに変化が!
さとえさんのお腹の中で更なる調整が始まったようでした。
施術時、子宮、腸、腎臓からの反応は益々強まっていました。良かった、良かった!と、思ったのも束の間…

8月18日の施術前、さとえさんは「もう子宮をとって(手術で)しまおうと思うんだ。」との衝撃発言!(゜Д゜)!!!

私の心の中:(なぬ〜〜〜〜〜〜〜〜??????)

一瞬わたしは彼女が何を思い何を言っているのか全く意味がわからず、真っ白になってしまいました。(^_^;)!
ここまで順調にきているのにどうしたというのでしょう...
彼女の中でいったい何があったというのでしょう...

よく聴いてみると、前回施術後、内臓がかなり動き調整を始めた故に、排便時、大きくなっている子宮筋腫が腸を圧迫し激痛が走り、その痛みから恐怖を感じ、この状況を冷静に感じ取ることができなくなっているようでした。
30年以上という病気とのつきあいによって身体に異変が起きるとトラウマから反射的に焦りが起き「これ以上悪い病気にならないように早く医学の処置をしなくては...!」とか、「やっぱり手術をしなくては治らない私の身体なのだ」など...自分の身体に対する正常ではないネガティブな思い込みがふつふつと湧いてきてそのマインドにのっとられてしまっているようでした。

先日までの身体の感覚を感性や感覚でしっかりと感じていたさとえさんとは全く別人格のさとえさんのマインドの焦りと恐怖感からの衝動的な判断をしてしまっているようでした。OMG!

実は、さとえさんに限らず私達現代人は(特に日本人)西洋医学に依存しきってしまう思い癖を多かれ少なかれ時代的な背景で受けていて身体に異変が起きると「すぐ!お医者さんに行かなくては!大変な病気になるまえにみてもらわないと後で後悔する!」状況を自分で判断するのではなく病院に判断や治療の方向を「完全に委ねきってしまう」傾向にあると言えます。
自分の身体なのにです。残念ながらこの思考回路が異常なことだということにも気づいていない人がもしかしたらほとんどなのかもしれませんね。

子宮からのほんとうの声...

レイキヒーリングと触診によっての身体の声のリーディングと癒やし
レイキヒーリングと触診によっての身体の声のリーディングと癒やし

しかし、ほんとうのところはどうなのでしょう...

ほんとうの身体の声を確かめるため、今回は今までにも増して慎重に施術させてもらうことに。
手を置くと子宮は以前とは比べものにならないくらい堅く張っていて膨れあがっていました。
子宮からビリビリと嫌な感覚がすぐに伝わってきて相当、この数日で子宮が緊張を続けていたことが理解できました。

そしてその内側に深い怒りに似たエネルギーを感じたのです。
さとえさんは30代の頃一度子宮筋腫の手術を受けています。にも関わらず再び筋腫が再発、筋腫は再度大きくなっていました。しかし閉経を迎えもう身体
になにも支障がなくなっていたにも関わらず、今回は子宮を摘出しようとまで一瞬で思ってしまうほどのなにか特別な理由があるはず。

病気の原因は本来の魂のバイブレーション(エネルギー)と思考=トラウマやカルマなどからの間違ったネガティブな思い込みのバイブレーション(エネルギー)との違い、この「魂とマインドのエネルギーのズレを身体がサインとして現しているもの」という診方から本来の方向にエネルギー調整を行っていきます。治癒のためにはそこからクライアントさん本人がそのズレに気づくことがとても大切なポイントになってくるのです。

お聞きすると、腎臓の病気をお医者さんに宣告された18歳の時、将来子供を産むことはできない。ということを同時に告げられたそうです。18歳にして女性として出産、子育ての未来を諦めなければならないと思った彼女はそこから、「将来子供を産むことができないなら、子供を嫌いになる努力をしよう」と決意し出産、育児という女性として生まれたことの幸せについて考えない、諦めることを決めたそうです。

どうやら、そこから自分が女性として生まれたということと子宮に対する否定、嫌悪、やりきれない怒りの感情エネルギーを子宮に溜めてきていたようでした。この心の傷から作られてしまった歪んだ思考のエネルギーの蓄積が筋腫になったのでしょう...

まずは罪のない子宮をいじめ続けてしまったことへの謝罪と自分への赦しと解放が治癒のために必要でした。
さとえさんが施術中、そのことを理解し、気づくと子宮は素直に柔らかくなっていきました。
同時に腸も元気に動き出し子宮と腸が癒着しているかのように堅くなっていたお腹が柔らかくなり、スペースができてきました。

関門通過後、身体はさらに軽く...

第一関門通過...トンネルの向こうにはもうすぐ海が...
第一関門通過...トンネルの向こうにはもうすぐ海が...

さとえさんは1人抜けた?後のご自身の古い思考との葛藤を通して、新しい扉の最初の関門を無事通過。その後あんなに激しかった排便痛もなくなり、便がスムーズに出るようなったそうです。

もちろん同時に子宮も柔らかくなったので手術を決断した時の自分のマインドのエネルギーを無事に手放すことができたのでした。

「あの時のわたしはいったい何だったのでしょう...?」目を丸くし笑いながらおっしゃっている姿がとても印象的でわたしも一緒に胸をなでおろす思いでした。(・∀・)

第一関門通過後のさとえさんの感想

霊氣のちからによって真の解放
霊氣のちからによって真の解放

明子さん、昨日と今日とありがとうございました。

昨日のお腹の調整と骨盤下の調整によって、排便痛の改善があり、またまた助けて頂き感謝感謝です。
いらないエネルギーが左足のひらから痛みを伴いながらも抜けてくれたのも、お陰様で感謝します💓
身体の反応の不思議さには毎回驚きの連続です。

今日の施術では、脊骨から腹部へのアプローチの時も腸と筋腫が反応し、直接の筋腫へのアプローチでは、初めは抵抗するも、だんだんと動いてくれていたのて、忙しい時期の感情が影響していたのかなと気が付きました。
自分の身体との対話の必要性を改めて感じる事が出来、ありがとうございました。
骨盤下の調整によって、まっすぐ伸びる足がとても気持ち良く身体がスッキリするのが心地よく、エネルギーも流れやすくなり、相乗効果をとても感じることが出来ました。
首の調整の時に昔抜歯をしたところが反応していたので、影響しているのかなと思いました。
頭から霊気を送っている時に一番まで、綺麗に流れているなって分かりました。

身体の本来の力がだんだんと戻ってきているのを最近とても感じます。ありがとうございます。感謝感謝です。」

今回は霊氣の力によって本来のさとえさんの身体の声をしっかり、素直に受け取っていただいたようでなによりでした。(*^_^*)
その後、こころと身体の変化はさらに続きます! 第三部へ乞うご期待!


上へ