ナチュラルハイジーン

私たちの体は食べるものからできています。本当に必要なものを食べることで、内臓・からだからバランスを整え、本来の自分を取り戻す食事療法です。

ナチュラルハイジーン、それは究極の「セルフケア(自らが行うケア)」理論です。

生命の美味しさをそのままいただく...
生命の美味しさをそのままいただく...

(以下 「50代からの健康革命(第二の人生を健康に過ごすために〜)松田麻美子 著から抜粋)

皆さんの多くがナチュラルハイジーンという言葉を聞くのは初めてだと思います。
これは、身体が最大限の健康状態を保っていくために、そしてまた身体が不調に陥ったとき、回復するために、その必要な手段を具体的に示した生物学の一分野です。

19世紀初め、アメリカの医師たちによって学問的に系統づけられたもので、「生命の法則」に従って生きることの重要性を説く健康理論です。

そのルーツは、古代ギリシャの哲学者や医学まで遡ります。当時、ヒポクラテス(医学の祖)とピタゴラスといった学者たちは「自然の法則に基づく原則と習慣に従って生き、食べていれば誰でも肥満や病気を予防、改善でき常に健康な状態で生きていくことができる」と教えていました。

この世の森羅万象は「自然の法則」によって支配されています。
そして、そんな法則があることを知っていようといまいと、物事はその支配から免れることはできません。物理学の分野には「重力の法則」や「浮力の法則」があり、化学の世界には「酸とアルカリの法則」があります。

自然の法則による体内リズム
自然の法則による体内リズム

東京タワーのてっぺんから飛び降りたら、「重力の法則」があるため、いやというほど身体を地面にたたきつけられ即死してしまうでしょう。
同様に生物界には「生命の法則」というべき「自然の法則」があり、わたしたちの体のコンディションはこの法則によって支配されています。

この法則に従って生きるときわたしたちの身体はすばらしく健康でいられ、その法則に違反すれば身体は正常の機能を失い、病気になります。

自然界の動物たちは、この「生命の法則」に従って生きています。彼らは「生命の法則」が定める生命維持のために必要なことを本能的に知っていてそれを実行しているのです。
その結果、生涯病気になるようなことはなく本来の寿命を全うしています。

〜以下省略〜

ナチュラルハイジーンが教える健康理論

人間はフルータリアン!?
人間はフルータリアン!?

しかし、文明が進歩し、食文化が発達した今日、人々は古代人たちが食べていなかったものを食べるようになりました。
また交通手段の発達から身体を動かさなくなり、眠るべきときに眠らず、絶えず自然に逆らった生き方を体に強いるようになりました。
こうしてわたしたちは自然と調和して生きることを忘れ体に何を与えるべきか、何を与えるべきではないかを判断する本能を鈍らせてしまったのです。

わたしたちは無意識のうちに「生命の法則」に違反するような食習慣やライフスタイルを生まれてから死ぬまで繰り返しているのです。

その結果からだを徐々に衰弱させ、体の機能や組織を傷つけ病気になり本来の寿命よりもずっと早く死んでいくようになりました。

〜以下中略〜

スローライフも大切...
スローライフも大切...

「わたしたち人間は健康であることがノーマルであり、身体が必要とする条件(スーパーヘルスの七大要素)さえ与えていれば健康は保たれ、与えられなければ健康は蝕まれ、病気になる。しかし、病気になったとしても体には想像を絶するほどの治癒力や修復力が備わっているため、その根本原因さえ取り除いてやれば、再び素晴らしい健康状態を取り戻すことができる。病気の根本的な原因を取り除かず、原因の結果である症状を薬や手術などで除こうとする現代の一般的なヘルスケアでは完全な健康を取り戻すことはできない。」

ナチュラルハイジーンのパイオニアたちはこの理論を普及させるために多数の著書を著し、また学校や大学を設立し、健康を求める人を教育するためにその生涯をささげてきました。

何故Aroma.Ya.Soraが今、みなさんにナチュラルハイジーンを伝えたいのか? 出会いとご縁 その体験〜

西表リトリートでのナチュラルハイジーンランチ
西表リトリートでのナチュラルハイジーンランチ

ここではわたしのナチュラルハイジーンとの出逢いとご縁、その体験、ここに至るまでの導きについてお話させていただきますね。

わたしがナチュラルハイジーンに出会ったのは20数年前、自身の第一子の死産がきっかけでした。医学的に原因不明と言われたことが腑に落ちず、母体である自分の問題だったのではないか。と
考え調べたところ、松田麻美子先生の著書「常識破りの健康革命」との出会いがありました。

妊娠中のわたしの過剰な食欲、しかも妊娠以前から体が常に怠くて重い、慢性疲労が抜けたことがない、西洋医学では病気と診断されなくても自分の身体の鬱々した感覚に対する晴れなかった答えを見つけたのです。

食べ物と食べ方を変えたら身体は健康体になるのだということを本の内容から受け取り、実行してみることにしました。

第一子妊娠までに結婚から8年経過していましたが、その後第二子は3か月で授かりました。
当初は完璧なナチュラルハイジーンではありませんでしたが、食前にサラダをカレー皿いっぱい食べ、煮た野菜、お肉若しくはお魚という順番で食べるという食べ方に変えてみたところ、以前は食事の後、必ず怠くて動けなかったにも関わらず、妊娠期間中、本当に体がよく動き、家の隅々まで掃除ができるようになりました。朝晩のお散歩もかかせなくなり、自然の美しさや空気の美味しさ、風や太陽の光の心地よさを体感するようになり感動したことを今でも鮮明に覚えています。第一子妊娠の時とは全く違った妊婦生活になりました。

臨月までの体重増加は6キロ。赤ちゃん3キロ、羊水や胎盤が3キロなので私の身体に余分な脂肪はつきませんでした。出産も超安産、母乳も溢れるほど出、母乳を出すほど、ウエストの縊れていくことにも驚きました。周りの人から、出産後身体が戻らないから大変だという話を聴いていましたが、私は何もせずして、出産後元の身体よりもっと良いプロポーションを授かりました。更には廻りの子達はしょっちゅう風邪をひき熱を出したりして病院に行っていましたが、娘は保育園に預けるようになっても他の子達から風邪を移されてこない健康優良児でした。これはナチュラルハイジーンの賜物以外の何物でもありませんでした。


その後、私は栃木県で「こころと身体のホリスティックケアAroma.Ya.Sora」を立ち上げ、クライアントさんたちに自分のナチュラルハイジーンの体験をベースに必要な方に伝えました。アロマセラピーやマッサージ、レイキヒーリングとの相乗効果もあり、生理不順の改善、チョコレート脳腫の手術直前に脳腫が消え手術を免れた方、不妊外来に通い赤ちゃんが授からなかった方々の妊娠出産、何をやっても痩せなかった方々のダイエットの成功…などなど多くの症状が改善に導かれました。


その後、オーストラリアに留学。オーストラリア政府認定の医療マッサージ、リメディアルマッサージのDiplomaを取得しました。このコースは解剖学、病理学を元に適切なマッサージを施しライフスタイルを変えることを提案することで自然治癒力により症状の改善に導いていくホリスティック療法です。

その中の単位で栄養学の授業があり世界中の様々な栄養学を座学で学び、どの方法が身体にとって有用か。メリット、デメリットも含め実際に体験していく授業カリキュラムでした。
とても興味深かったことはこの授業の結論としてプラントベースのホールフード、しかも朝は果物を食べる(果物の食べ合わせも習い、ナチュラルハイジーンと全く同じでした)
できるだけ、ローフードを心がける、ビタミンB12の不足分はサプリメントや豆類、ナッツ類を摂取することで補う、ビーガン食を推奨するというものでした。

日本の栄養学の常識との違いを自然療法先進国のオーストラリアで体験したことによりご縁で更にナチュラルハイジーンへの信憑性がまた高まりました。
留学中も夏休みや冬休みの長期の休みに現地の友人が主催してくれ、郊外のアコモデーションでナチュラルハイジーンの食事とアロマセラピー、リメディアルマッサージを取り入れた1泊2日のリトリートを開催させてもらいました。オーストラリア人の方々にも大変好評でわたしにとっても素晴らしい体験になりました。

オーストラリアから帰国後、わたしは石垣島に新たなサロンをオープンしました。
その後もナチュラルハイジーンの哲学をベースにしながらも一日一食の生活になりました。食事をすることで消化にエネルギーを奪われることで仕事に集中できなくなるのが嫌だったからです。しかし、一日一食の夜の食事では何を食べてもよいとかなり自分流なナチュラルハイジーンでした。
自然豊かな石垣島に住んでいながらも仕事優先のライフスタイル、朝から夜遅くまで働き、夜したいことを好きなようにして遅くまで起きている完全夜型人間でした。

ところが昨年11月、閉経と同時くらいにしばらく治まっていた歯の中が化膿している感覚が表面化してくるようになりました。


歯だけは自然には治らないものと子供の頃から一般的な治療を受けてきたため今回も歯科医院に行きました。がしかし、歯茎の奥から突き上げてくる違和感は次第に治まりがつかないものになり、どの歯もグラグラになり噛めなくなってきました。

あまりの違和感に歯を全部抜いてしまいたい衝動にかられ、2021年3月初旬、最先端歯科医療の先生に診てもらうため東京まで診察を受けにいきました。精密な検査を行ったところ、「重度侵襲性歯周炎」あと数年で全部の歯が抜け落ちてしまう進行の速い重度の歯周病との診断。この診断は歯の違和感から納得できるものでした。「歯を全て抜き、徹底的に歯周病を治すための薬を投入し、完全にやっつけちゃいましょう。千葉さんに相応しい一生噛める綺麗な歯をその後4本のインプラントで支える方法でお作りします。」と歯科医から言われ手術日も決め、全てこの先生に任せてみよう。と思いました。

が、しかし…石垣に一旦戻り、何かが違う…!何故、歯だけは医者任せにしないといけないのだろう?歯も全身の一部本当に自然治癒力で治らないの?という疑問に辿り着き、再びインターネットで検索。「名医は歯を削らない。自然治癒力で虫歯も歯周病も治す方法」という本を見つけ、本を読み驚きました。なんと!本の著者である小峰一雄先生はナチュラルハイジーンを日本に普及させている松田麻美子先生を師と仰ぎ、本来の自己治癒を促し治癒に導いている歯科医だったからです。私は再び雷に打たれました。((+_+))

「またもや!ナチュラルハイジーンとのご縁!!!」
これほどまでに私がナチュラルハイジーンと縁するには深い理由があるはずだ。という強い確信を得、徹底的に基本に忠実に行ってみようと思いました。

夜型の生活を朝型に変え、朝陽と共にウォーキングを始めることに。
砂糖中毒だった私が砂糖を辞められると思えませんでしたが、その代わりとなる、果物を朝、お腹いっぱい食べることを徹底しました。
以前は朝は体内リズムが排泄の時間として機能するため果物を食べるか、若しくは空腹でなければ無理して食べなくても良い。というナチュラルハイジーンの教えの中の「食べない」という選択をしていたからです。朝、果物をお腹いっぱい食べる、今回これは初挑戦でした。

幸い、石垣島はパイナップルの産地。甘くて美味しいパイナップルを安価で沢山食べられます。
実行初日から目が覚める思いでした。幸せ感満載!!!ミキサーでジュースにしたらふあふあのシェイクになることも知りました。

そして、初日から砂糖が欲しくない。砂糖入りの物が全く食べたくならない自分に驚きました。
夜は仕事が終わってからの夕食、その後必ずコーヒーと甘いお菓子でリラックスタイムが一日の楽しみだった私が!です。
口の中に朝食べた果物の甘味の感触、幸せ感が一日中続いている...と感じました。

そうです、夜仕事が終わって甘いものを食べたくなる理由は「この幸せ感」が欲しかったからなのだと氣づかされました。しかし、朝果物をお腹いっぱい食べたら、夜だけではなく、朝から幸せなのですよ。(笑)こっちの方が良いに決まってます。

まさにお腹いっぱい食べる果物の効果を実感したのです…感動しました。人間はフルータリアン、ほんとうだぁ〜〜〜…と。
その後、みるみるうちに歯の炎症は治まっていき、なんでも噛めるようになってきました。同時に身体が軽くなり、身体のあちらこちらにあった痛みも軽減。
朝のウォーキングの時間がどんどん長くなり、海を見ながら芝生でヨーガ。朝陽を浴び、風を感じながら歩く毎朝の時間がとても楽しみになっていきました。おまけに夜もよく眠れるようになってきました。

小峰先生の診察を受けたいと思いインターネットから連絡を取りましたが残念ながら返信がなく、
次なる治療としてインプラントよりは入れ歯の方がまだ体を傷つけなくてすむだろうと考え、やがて抜け落ちてしまう歯に備え、部分入れ歯から徐々に入れ歯を修理しながら、フィットした入れ歯を作ってくれる総入れ歯専門医を探しました。
ナチュラルハイジーンを再度本気で始めて2か月後の5月末日、再び東京に精密検査を受けにいきました。

その診察では驚いたことに、歯周病がほぼ完治していたのです。さらには私の口の中の構造上、入れ歯を入れることができない(上顎と下顎の間にスペースがなさすぎる)ことが解り、現在残っている歯をできるだけ良い状態で保つことが最善の方法。との診断がされ、そのためには歯の土台となる歯茎を更に良くしていくこと。歯周の専門医から治療を1年くらい徹底して受け治していくことと言われました。
そして、今より更に良くなっていく可能性は十分にあるとも言われまたもや驚きました。
その診察を受けた同じ日、なんの因果か本命である小峰先生からの返信があり、メッセージのやりとりで歯周病についても専門内だとお聞きでき、2か月後の7月に診察の予約を入れました。

再び石垣に戻り、ナチュラルハイジーン生活続行。朝のウォーキングは自然と繋がる貴重なひとときになり、仕事中心に生きてきたライフスタイルは自然との循環が中心のライフスタイルに変化してきました。動植物との対話も楽しめるようになり、自然界からのメッセージを日々感じ幸せな日々になりました。
人生のバージョンアップが再びナチュラルハイジーンとしっかりコネクトできたことで起き始めたのです。人生にはその時々でステップがありわたしたちは日々進化し、成長し続けているのだと感じます。

以前の様にクライアントさん達や身近な人達にナチュラルハイジーンを伝えはじめたところ、痩せすぎで悩んでいる方々にお伝えするケースが多くなり、更に痩せてしまう。
全てのことをマイナスに捉え好転していかない方がいることにも氣づき、自分一人では対応は難しいと思い松田麻美子先生にインターネットを通してコンタクトしたところ、ナチュラルハイジーンエバンジェリスト養成講座を勧められました。日本ナチュラルハイジーン普及協会があることもこのタイミングで知りました。これからは一人でナチュラルハイジーンを伝えるのではなく、同じ志の方々と協力し、勉強を重ねながら様々な症状で悩まれている方を本来の健康に導いていくことができるようになりました。
この流れは私にとってAroma.Ya.Soraにとって青天の霹靂でした。(*^-^*)

2021年7月、いよいよ小峰先生に診察を受けました。
自然治癒力で歯と歯周病を治す。わたしにどの様な治療を施してくれるのか…
皆目検討がつきませんでした。抜けてしまった歯の箇所はどうするのか?歯の土台となる歯茎の治療は薬を使わずどの様に治すのか???
2番目に診察を受けた先生がおっしゃったように徹底的に治すため1年くらいは石垣から小峰先生の歯科医院まで通う覚悟で診察に臨みました。

診察の最初に唾液のPHでテストをして全身の健康状態をチェック。これはドイツのワーバーグ博士がノーベル賞をとった試験方法。PH値でどの病気にかかっているかも診断できるそう。なんと!わたしのPH値は小峰先生と同じ数値7.1で、「超健康」と診断されました。

そして口の中の精密検査。幼少期から味噌っ歯で歯科治療を繰り返していましたから、全ての歯の神経を抜いています。神経が抜けている歯から歯周病は進行し、悪くなっても良くなることはない。というのが現在の日本における歯科治療での常識らしいのですが、小峰先生曰く、神経を抜いてしまっている歯でも神経の機能は再生する場合がある。とのことで、今度は一本ずつ歯の神経が再生しているかのテスト。なんと。一本の歯を除き、神経機能が再生されているとわかり、自然治癒で歯茎の状態はこれからさらに良くなると診断されました。(驚)
金属の被せ物の下の虫歯もゼロ。完全に治っていました。
子供の頃から、歯が弱くコンプレックスでしたが、小峰先生曰く、わたしの歯は歯科治療を繰り返してなければ、元来とても丈夫な歯だったのだそうです。歯科医の先生からその様なことを言われたのも初めてでした。
その後、今後どの様な食生活、栄養素を重点的に摂取していったら良いか。ということを
1時間くらいしっかり伝えてもらい、診察は終了。

入れ歯に関しては抜けた歯によって歯が移動しないようにするためのソフトな素材でできたものを入れたらよいし、または入れなくてもよい。とのこと。要は今残っている歯で十分噛めているとの見解でした。

「自然治癒力で治らないものはなにもない。その状態にしたのは自分なのだから、自分で治せるんだよ」という言葉を最後にもらい、ナチュラルハイジーンを行っている限り今後一切歯科治療の必要ないという意味と受け取り世界一の診察を終えました。
ということは言うまでもないですがわたしにとって今後医療費の心配がゼロになったということなのです。未来永劫、安心して健康でいることができる!!!

ナチュラルハイジーンを再度本気で始めて4か月後の出来事です。
わたしは自分の体験を通して、世の中の真実、自然の法則、森羅万象の揺るぎない法則の中にあることを知らされました。地球の生命の繋がりこそが真実であるからこそ、本来わたしたちは神秘の世界に住んでいるのだと実感しました。

地球の生物の頂点だと思っている人間によって作られた社会の常識が染み込んでいる多くの方達にこの真実をお伝えするには、私自身が20数年かかり体験に体験を重ねようやく辿り着いたように根気が必要なのだと思います。ですが
今、地球環境が危機的状態になっている、時代が大きく変わろうとしている大転換の時、今だからこそ、伝わる方には伝わる時代になっているとも感じています。
ひとたび、自然の法則側に二本の脚をしっかり降ろし、ナチュラルハイジーンを体験することで、
自然治癒力はドラマティックに発動するものだということも私の体験から皆さんに既に伝わっていると思います。

自然豊かな石垣島でホリスティックケアAroma.Ya.Soraを行っている、わたしが2021年のこのタイミングでこの奇跡を体験したこと、森羅万象の流れの中で巡りあってきた奇跡と皆さんお一人お一人との出会いに意味がないわけはないと思うのです。

わたしたち一人一人が本来の生命に目覚めることこそ地球と本当の意味で共生共存できてくるのだと思います。

「健康でありのままに美しい」この状態が自然の由来のこと。
わたしたち一人一人が本来の自然な状態に戻ること、ありのままに健康で美しい状態であること。
イコール今、地球が望んでいること、地球が喜ぶこと、地球に貢献できることなのだと思うのです。

今後一切病気への不安や心配、老後の不安、医療費の心配もいらなくなる、死ぬまで生き生きと自分らしくいられるナチュラルジーンの法則を皆さんにもぜひ体験してほしいと思います。

みなさん一緒に地球のためにご自身のために未来の子供たちのために健康になっていきましょう〜...

Aroma.Ya.Soraがお伝えするナチュラルハイジーン あれこれ

フルーツモーニング
フルーツモーニング

 ヽ銅錺肇蝓璽肇瓮鵐箸虜檗▲ウンセリングやアフターフォロー時、ご希望の方に今日からできるナチュラルハイジーンの基本法則をお伝えすることができます。

◆‐湘痛稟子先生が書かれた数々の書籍のご紹介、販売もしています。

 Aroma.Ya.Soraリトリートプログラム、ナチュラルハイジーンの食事の体験
現在、西表島の島宿 Amayuraにてご希望の方にリトリートを行っています。
宿泊日数は2泊から4泊までお受けすることができ、その方のご希望に合わせたプランをお作りいたします。リトリートの場合、継続してずっと食べていただけるので数日でも体感の変化、違いが解っていただけると思います。

ぁ.泪鵐帖璽泪鸞侈未砲茲襯淵船絅薀襯魯ぅ検璽鵐譽奪好
内容についての座学、その後一緒にナチュラルハイジーンの料理を創り召し上がっていただきます。次に講座にいらっしゃるまで、フードダイアリーをつけていただき、体やこころの変化と経過を観察記録していきます。
 1回 2時間 6000円 食費込み

ァ.ンラインナチュラルハイジーンレッスン
上記の内容をオンラインで行います。材料は前もってレシピを送っておいたものを各自用意していただき、オンラインで座学をしたのち、各自創り、召し上がっていただきます。
フードダイアリーについても同じです。
 1回 2時間 5000円 食材費別途
(料理なしの座学のみも行えます)

Α。横影間サポートプログラム
ナチュラルハイジーンがライフスタイルとして定着するまでの21日間、オンラインによる21日間サポートプログラムです。
 週1回 2時間の座学×3回
毎日LINEなどでフードダイアリーとカラダとこころの変化を送っていただく。
アドバイスやその時々の状態へのサポートを行うプログラムです。 30000円