ハイヤーセルフの導きが私にインドで与えてくれたもの2

2017/08/06

延々と続く修業の実践はこの世界には役に立たないだろう。
現代では人々は数日、いや数時間でさえ割くことができない。
速やかに結果を生むような方法が私達には必要だ。
ある人が7日間深くかかわったなら、その期間の終わりまでには自分に何かが起きたと感じ始めなければならない。
その人は7日後には別人になっていなければならない。
OSHO

ダイナミック瞑想で体が少し楽になった私は、30分後、太極拳のクラスに参加。
氣の使い方と呼吸法、体の重心のバランスを整えることを学ぶ。なんとも心地よいリズムと体感 ?

クラスの参加者と指導してくれているファシリテーターから出ている氣と言葉が絶妙に心地よく、からだを通して魂にまで響き、緊張感が解き放たれハートが自然に開いていく。

同時に左足のバランスの違和感を感じ、仙骨に重心がかかり、腰が痛くなっているということに気づきはじめる。太極拳の動作の中に、自分の姿勢に意識をおくことができるようになってきた。

そして。。。次に宇宙から与えられた課題はセクシャルと欲望を絡めた私特有のお決まりのパターンだった。
このパターンを経験するのは3年ぶりくらいだったので、もうこの課題は終わったものだと思っていたのに! ??いつもの通りに、誘惑があり、心がざわついているではありませんかっ!(゜Д゜;)

いや、誘惑がありと感じているのは私側の意識であって実は潜在意識では私自身のエゴがこの出来事を呼び寄せているものなのかもしれない。ムムム…
テストで「これは引っ掛け問題だな。」と解っていながら、引っかかりそうになってしまっている!
まるでお馬鹿さんだ。(・∀・)

強い吸引力と相手が醸し出している情熱ある熱いエネルギーに引っ張られそうになっているのがわかり、ザワザワザワザワ落ち着かない気分になってきた。(゜Д゜;)

せっかく、いい気分を維持できそうだったのに!こんな事で台無しにしたくないっ!。
このパターンで流れに任せていると、どういう結末になるのかまで十分経験済みだった私はなんとかこの課題をクリアしようと、頭で考え始めた。。。


と、その時「パターンの解除。とにかく、瞑想だ!」という強いメッセージがやってきたので、とにかく一心不乱に瞑想に集中することに。
というか、幸い、それしかなかった。(笑)

その結果、自動的に事は起きた。
いつもだったら、頭で戦略を練りに練ったにも関わらず、自分の潜在意識に負け、相手の流れにもっていかれた様な(これもきっと錯覚なのだが)結末になるか、若しくは私が相手に何かを投げつけ、(たいてい枕!?w)暴言を吐き最高に嫌な気分になり決別して終わるかのどちらかだった。

でも、今回は自然に意識レベル優位のペースに流れを変えることができた。頭で考えることなく、本当に自動的に事が起きたとしか言いようがない。
そして、物理的な現象としてもそれ以上進めない出来事が起き、その葛藤は自然に終わった。

人の意識はたったの3パーセント。対して、潜在意識は97パーセント。
圧倒的な比率だからこそ、今まで負け続けてきた?のだ。
でも、今回のことで、瞑想をし続けることで潜在意識の深い部分まで変えられるということが立証できた!(^^)

これはまさに素晴らしい革命?!(・O・)

あなたを最後の最後まで連れて行ってくれる手法はない。あなたは旅の途上で何度も列車を乗り換えなければならない。ある手法はあなたをあるところまで連れていく。その先へは使えない。それは使い尽くされた。一つの手法を楽しんでいるのなら、できるだけ深く入っていくがいい。しかし、それに病みつきにならないように。
なぜならいつの日か、あなたはそれを落とさなければならないのだから。
OSHO



つづく
www.osho.com/trademarks www.osho.com/copyright


上へ