簡単アロマ講座 Lesson2

2015/09/16

効果を期待できる!自分に合ったアロマオイルの選び方 その1

前回のアロマLesson1で、お薬の選ぶ時の様に
「不眠にラベンダー(頭痛にバファリン!)」
「性欲アップにイランイラン(風邪には葛根湯!)」
という感じで、万人の不眠者にラベンダーが効き、イランイランを嗅いだ人は皆さん性欲がアップされてしまう。…という見方でエッセンシャルオイル(精油)とお付き合いしないでくださいね〜〜。
ということをお伝えしました。

更に詳しく言い換えると、化学薬剤はハンマーの様なもの
それに対して精油の作用は「鍵」です。
鍵は一見したところ、はるかに力が弱く、非常に小さく、その有効さを示すのはずっとむずかしいものです。
しかし、鍵は自然にとてもよく「調和して」働きます。それどころか扉の錠は鍵を受け入れるために作られているのです。扉を開けるのに、鍵はハンマーの破壊的で有害な効果なしに、その効果を証明します。

しかし、鍵にはひとつ不利な点があります。ハンマーはどんな扉でも開けるのに対して、鍵はあなたの個々の錠にあった鍵を使った場合だけ機能を果たすのです。
この鍵は精油の正しいブレンドとマッサージの等価物です。

頭痛にバファリン=不眠にラベンダーという選び方では効果がなかった。
こういう理由だったんですね〜。

では、この鍵となる精油の探し方はどうすればいいのでしょう〜〜〜。
数百種類、数千種類ある精と油の効能をひとつひとつ正確に覚える。。。?!!!???
それには、化学者並みの暗記力を自分に課さなくてはなりませんね〜〜。

いえいえ。初期の段階で全く、そんな必要は全くありません。
(プロになっていくためにはいずれ知識は必要デス。念のため誤解のないように言っておきます)
今日お伝えしたいメインポイント !

それは、ジャジャン!!!
あなたの「感覚センサー!!!」これがあなたにあった精油を教えてくれます。

「○○な感じがする。。。」 この感じです。

えっ? そんなんでいいの??? いいんですか???
そんなあなたの声が聞こえてきます (笑)
いいんです。お試しあれ。

例えば、今日はなんだか頭が重い。。。
この重い感じに効きそうな香ってなんだろう???
という感じで「嗅いでみる」。。。
若しくは「精油の瓶を持ってみる」。。。

なんか、今日は寝付けない。。。
今日、嗅いで眠れそうな香ってなんだろう???
と、「嗅いでみる」「持ってみる」

今日はなんだか、元気がない。。。
今日、元気が出そうな香ってなんだろう???
若しくは無理に元気になる必要がないという時は楽になれる香ってなんだろう。。。
でもいいです。

そうなんです。
もう、お気づきですね。
あなたに合った精油選びのポイント。
「あなたは実はからだ、心があなたに必要な香のエネルギーを知っている。」
ということなんです。

命あるもの(人間)と命あるもの(植物)は元々お互い共鳴、共存して命の相互作用で影響を与え合っているものです。

だから、頭で理屈でなく、感覚=心で感じる。。。これで「解る=元々の力が呼び覚まされる」んですね。知っていることを思い出す。この感覚がわかってくるとアロマがぐ〜〜〜んと楽しくなってきますよ。

「気のせいかなぁ???よくわかんないなぁ???」でもとりあえず、良い感じがするからこれを試してみよう。。。」こんな感じです。
「良い感じ」この感覚を大事にしていきましょう〜。

嫌な感じ=本来のバランスを崩している
良い感じ=本来のバランスに戻ろうとしている

次回はさらに一歩進んで、更に効果を上げるために、もう少し詳しくお伝えしたいと思います。


上へ