簡単アロマ講座 Lesson1

2015/09/06

「アロマっていいよね。私好きなの。でも… どうやって使うの?使ってみたけど効果なかったし。。。」
こんな風に思っている方がなんと多いことでしょう!!!(日本には特に!)

「ラベンダーは不眠にいいらしいよ」とか
「フランキンセンスはアンチエイジングに効くんだって。
シワが伸びるってTVでやってた!」とか。。。
と言っている人もものすご〜く多い!!!

確かに、そういう効能あります。
でもね、でもね、この際、思い切っていいますよ。本当のことを。。。
実は、その効能、ラベンダーやフランキンセンスの中のある一部の効能であってすべての不眠症にすべての方のアンチエイジングに効果があるわけではないんです。

「え〜〜〜〜。がっかり〜〜〜。そうなの〜〜〜?
じゃあ、それならどうやってアロマオイルを選べばいいの???
やっぱ、アロマって難しいから使えないジャン。素人は無理っ!」
………………
多くの人が興味がありながら、ここで止まってしまってるんですね〜〜〜。きっと。
あ〜〜〜〜。もったいない。。。

じゃあ、今日はここから先に一歩進んで考えてみましょう。
「○○の症状があるから このエッセンス」 という選び方って何かに似てないですか???
そうです。
「頭痛にバファリン」 とか 「風邪に葛根湯」。。。このどこかで聞いたフレーズ!!!
お薬の選び方と同じじゃん !!!

でも、ちょっとまてよ。エッセンシャルオイルって何からできてるんだっけ???
そうです。自然から作られた植物のエキス。
もっと解りやすく言うと、植物の血液を取り出したもの。
これが「エッセンシャルオイル」 アロマセラピーの素。

じゃあ、お薬は。。。。???

そうです。人間が作った「化学薬剤」です。
この二つって実は、似て非なるもの。
実は全く真逆のものなんです。
じゃあ。。。どう真逆か。

自然から作られたもの=命があるもの
(Ex 人間、動物、植物 地球、宇宙。。。=命そのものは人間は作れない)

人間が作ったもの=命が存在しない。できない
(Ex 化学薬剤、コンピューターなど)

この根本のところが大きく違っているんです!!!

結論…..!
お薬と同じ選び方「不眠にラベンダー」「アンチエイジングにフランキンセンス」では効き目がないのが当然!

Because, (なぜなら 〜)
命あるもの(人間)と命あるもの(エッセンシャルオイル)の相性は「理屈」ではないからです。
解りやすく言うと。。。
人を好きになるのに、「この人はこうだから」と頭(理屈で考えて)好きになったりしないでしょう???

ペットを飼っている人はとても解ると思うのですが、イタズラばかりする愛犬が何故か可愛くてしょうがない。。。とかそのワンちゃんのもっているキャラクターと貴女のキャラクターとの「理屈ではない」

相性で可愛くて仕方ない。癒される。。。んですよねそうなんです。川崎さん。
(。。。ってきっとこのギャグが解る人は今、とっても少ないのはわかっています。)

「人間(命がある)ものと植物(命がある)ものはなんだかわからないお互いの相性によって効果を発揮するもの。=命は命を相乗する。すなわち、自然治癒力を引き出すのです。
その時の自分に合ったオイル選びをすること。このことがアロマテラピーにとってとても大切なこと。

では、次回は、その「なんだかわからない相性の良いオイルの探し方。
と相性のいいオイルは貴女にどう働くのか。ということをお伝えします。

おたのしみに。


上へ