宇宙と自然、生命と生命の繋がりによる自然治癒力 〜(体験リポート)

2021/04/18

地球の次元上昇とわたしたち一人一人のバージョンアップ

自然の雄大なパワー...それは私たちの内にも存在する
自然の雄大なパワー...それは私たちの内にも存在する

みなさん、こんにちは。
前回、「50代からの健康革命 自然治癒力で歯周病を治す」ではどのような経緯で次ぎなるステージに繋がってきたか...を書きましたが、本日はその続編!実際に霊氣の実践、エドガーケイシー療法やナチュラルハイジーン(フィットフォーライフ)を続けている結果どうなってきているか...の体験リポートを書いていきたいと思います。
新しい地球、わたしたちも共に日々一瞬、一瞬進化していますね。

おかげさまでその時々ごとに的確なメッセージを得、着々と歩んでおります。

わたしたちは皆、地球の、宇宙のマトリックスの中に在る...
わたしたちの意識は深いところで繋がっていて一つ...

どうかご自身の体験、体感と重ね合わせ読み、みなさんの更なる気づきに繋がっていくことができたら幸いです。

ナチュラルハイジーン日の出と共に起きる朝型生活への転換〜ウォーキング編1 〜

石垣島にはヤギがいっぱいいます。
石垣島にはヤギがいっぱいいます。

わたしの肉体に生じた課題、歯周病を通しての霊氣による運命の導き、春分の日3月20日から約1ヶ月が経過いたしました。
おかげさまで、夜型から朝型の生活にすっかり切り替え、完全に!定着いたしました。(祝!)
20年以上にも渡る習慣が変えられたことに自分自身、驚いていると同時に、とっても感動しています。しかも、つい先日までは夜型の生活が大好きでその生活に疑問ももっていなかったわたしにです。まるで生まれ変わったかのような境地です。(笑)自分の(人間のマインド)意思ではなく...
宇宙の意思(いわゆる魂の意識)によって...

現在、52年生きてきて初めての経験を日々させていただけるようになっています。
運動が大嫌いで朝早く起きることが苦手だった私が、毎朝、スッキリ目覚め、ウォーキングやジョギング、積極的に体を動かす体操を心の底から楽しめるようになったのですから。本当にすごいことです。おまけに朝の空気の清々しさ、風が体の細胞の隅々まで呼吸と一体化して入ってくることの気持ちよさ!夜の睡眠で硬くなった筋肉や関節を酸素を取り入れることによりスムーズに動かしていくことの快感は、肉体を持ってこの地球に生まれているからこその体感なのだと。。。毎朝、毎朝感動するのです...

石垣島に住み5年、今まで用事のあるときの車の移動では気づかなかった、街の様子を朝の静けさと共に知れていることはわたしにとってちょっとした冒険でもあります。

路地裏のウォーキングでは人々の暮らしを感じます。民家からの朝ごはんを作る音や匂いが感じられる...ほんわか...こちらまで幸せのエネルギーで満たされていきます。

近年、石垣島には沖縄の古民家が少なくなっていると聞いていたのですが、今も当時の味わいを残し大切に暮らしている古民家がまだ沢山残っていることを知ることもウォーキングをしなかったらわからなかったことでした。

石垣島の古い歴史を家々の門構え、お庭のつくり、過酷な台風を幾度も超えながら、何世代にも受け継がれてきた木造、赤瓦のお家からそこに住まわれてきた方々の人生。
年輪のようなものを感じます。人々が自然の暮らしと共にその都度丁寧に修理を重ねてこられ...家を家族を石垣島を愛してきたからこその独特の生命力と歴史の重みが家々から放たれています。

なんとも情緒深いものがあります...
歴史を携えた古民家は「人生とは日々を大切に丁寧に生きること...」を教えてくれているのだと思います。

ウォーキングでは頭が誘導する方へではなく、体が誘導する方へ歩いてみます。
(今日はどちら方面に行こうと頭で考え、前もって決めるのではなく体を方位磁石のような感じにイメージして、体がふわっと開く反応がある方向に歩く。)
すると思わぬ発見があります。先日はヤギの大きな声が聴こえ、どうも私を呼んでいるように思え?声の方向に歩いていくと、そのヤギは私を見るなり鳴くのを止め、その代わりジャンプしたり右に左に回転したりしだしました。どうやら体全体で喜びを表現しているようなのです。(驚)

わたしもヤギのジャンプや回転に合わせて一緒にダンス!ヤギも益々大喜び!
(朝、誰もいないからできることですね〜 笑)
しばし、お互いにダンスを愉しみ、頃合の善くなったところでまた明日!と挨拶し先に進みました。私に会うまでは大きな声で鳴いていたヤギでしたが、顔を見た途端に鳴くのを止め、きっと共に踊ったダンスに満足したのでしょう...(笑)去った後も鳴きませんでした。

動物は動物、人間は人間という隔たれた世界に住んでいるのが当たり前。そのような過去の経験を振り返るとこの度のヤギとの出逢いの幸せはしみじみ...染み込んできます...

ウォーキング編2 〜ナチュラルハイジーン&エドガーケイシー療法〜

石垣島には猫もいっぱいいます。
石垣島には猫もいっぱいいます。

石垣島の中心に八重山の他の島々に渡るための離島ターミナル、そしてその近くに「サザンゲートブリッジ」があります。
実はその位置関係がオーストラリアのシドニーハーバーブリッジとフェリーターミナルのあるサーキュラーキーの位置関係に酷似しています。

わたしにとってのシドニーは第一の故郷であり、いずれ帰りたい場所。
石垣はそのための過程でご縁のあった場所と思っていました。今振り返って思えばその様な想いがいつも根底にあったためということと、わたしはAroma.Ya.Soraの「仕事のために」石垣に住んでいるという意識が強かったのだと思います。今回ウォーキングを始めて気づいたことなのですが、以前の私の思考や視点は「仕事の効率重視」そこからの視点で物事を見、いろんな決断、判断をしていたのだと思います。
世の中の経済中心主義のこべりついたマインドがこんなところにも影響していたのだなぁと...
しみじみ感慨深いものがありました。

そのため...5年、石垣島に住んでいて「サザンゲートブリッジ」の向こう側に行ったことが一度もなかった...

ある日、体が離島ターミナルの方向に方位磁石を発信。思考は「いやいや、港の方はガソリン臭いから行きたくないでしょ...」と拒否反応...
しかし、体の方位磁石が開いていく方向は港なのです。
頭の中で、「ここは石垣。シドニーではないからね、ほらサザンゲートブリッジだってハーバーブリッジには及ばない...」と、本当に石垣島に失礼だな。と思いますがわたしはある意味上から目線の嫌な奴だったのだと思います。
宇宙の視点から観たら比べることではなく、シドニーにはシドニーの善さ、石垣には石垣の善さがある...

そんなことをブツブツ頭の中で思いながら、仕方なしに体が誘導する方向に歩いていくとサザンゲートブリッジを登る方向に導かれました。途中の階段を上りきったところで太陽が雲の中に半分隠れるような感じで出ていました。

「朝陽かぁ〜〜〜」...そこでしばらく待っていましたが雲の様子は変わらないので、そのまま方向を変え、橋の頂上まで歩いていきました。
ここが橋の頂上ど真ん中!というポイントにきたところで、丸い円の中に八重山の他の島々の方向を示す位置図があり、竹富...小浜...西表...と場所を確認。外周には香港、シンガポール、台北、上海...と書かれています。それぞれの島や国の位置を確認し、なるほどそうかぁ〜と。。。
そして、くるっと反転。と、すると...雲が晴れ太陽がわたしを照らしていました!!!頂上で太陽とご対面できた感動!そして、先ほどの各方面を示す位置図になんと。「シドニー7500km」の文字が書かれていたのです。(驚)
そうです。意識はひとつ...石垣島にいながら、今までもずっとシドニーとも繋がっていることを魂から呼び覚まされたようでした。

この時のわたしの感動と衝撃をどのように表現したらよいのでしょう...その場で大粒の涙がとめどなく流れました...すべて偶然と言ってしまえばそれまでの話です。しかし、わたしは今ここにいて、お日様に照らされ、宇宙に抱かれ...すべて与えられたところ、必然を生かされている。狭い物の見方の思考の自分でさえ、宇宙はおおらかな愛で見守り包み込んでくれているのだと一瞬で悟らざるを得ませんでした。

石垣島に居させてもらえる今、ここ。ここが今、宇宙から与えられた拠点。わたしの城なのです。あ〜〜〜、ほんとうにごめんなさい。今まで感謝が足りてませんでした〜...(涙)

この体験を通して、サザンゲートブリッジへのウォーキングの時は必ず頂上から世界の各ポイントに向かって世界平和のためドラゴンボールのスーパーサイアジン風?!愛のバージョン強力パワーで遠隔霊氣を送るようになりました。
東京、サンフランシスコ、シドニー、シンガポール、香港、台北、上海...と各ポイント各ポイントに焦点を合わせ、「世界中の方々が今日も愛と平和と共にありますように...」

サザンゲートブリッジを渡り、向こう側に行ってみました。
そこには広々とした芝生が広がっていて、海が見える場所でした。
広大な芝生の上で海を見ながらヨガができたら...と思っていましたが、ベストという場所に出会ったことがありませんでした。これまた、シドニーのハーバーブリッジの向こう側のミルソンズポイントの芝生の公園の様な場所を探していたのです。これまたシドニーと酷似の場所に私がずっと求めていた場所がありました。サザンゲートブリッジの向こう側に...

意識の狭さから知らなかっただけだったのです...

しかし、違っていた点もありました。その広場には第二次世界大戦時に石垣島から特攻隊として旅立った戦士達の慰霊碑があったことでした。
前回のブログにも書いた様に、戦争時代の過去世を思い出したばかりの時この場所に導かれたため、ここから旅立たれた戦士達の名前と出身地と年齢を見た時...深いところから突き上げてくる感覚、畏敬の念を抱きました。
様々な想いが巡りここから旅立たれた魂たちに霊氣と祈りを送らせてもらいました。今日、ここに来させていただいた意味の深さを実感しました。

そして、更にはここには沢山の猫たちが住んでいました。
猫たちと出逢うようになり、たくさんのストーリーが増えましたが一番の収穫は一匹、一匹と霊氣を通して交流するようになったことです。同じ場所に住んでいながら野生の力が強い猫と家猫のように懐いてくる子と本当に様々な猫がいることも楽しい発見でした。
パートナーが猫を飼っているので猫の可愛さにはメロメロになっているだけに、ここでたくさんの猫たちと交流できる楽しみができたことも大きな収穫でした。

日々こんな風に宇宙と自然と動物たちとワンネス体験が起きつづけています。
おかげさまで仕事のために石垣島に住んでいるという意識から、今、わたしのLIFEがここにあり、仕事はその中の一部...という大きな意識に変化し、風が流れ始めました...

宇宙オーガナイズを受け入れ、「今ここに在る」ことは自然治癒力を最大限に引き出すこと

2021年石垣島、平久保台の初日の出
2021年石垣島、平久保台の初日の出

ナチュラルハイジーンでもエドガーケイシー療法でも早起き、ウォーキング、運動を薦めていますが、今まで苦手なことに対しての意識の仕方、それは「努力すること」「辛くても頑張ること」という捉え方をしていたのだと思います。
運動も早起きもそのカテゴリーの中にあるものでした。この意識の持ち方は全部自分でやるもの、人生は自分で作るものという感覚なのでしょうね。

しかし、実際は宇宙のオーガナイズと[今、ここに存在する叡智]によりこの境地を体験し、頑張ることとは無縁の世界だったのだと気づくことができたのだと思います。
全て導かれ、与えられている世界なのだと、これでもか、これでもか...と感じられてくるのです。
ただただ清々しい、エネルギーが循環していく。宇宙から流れてくるエネルギーがサラサラ流れ淀むことがないという感覚...何にも変えがたい幸せです。エネルギーが満ちいつもサラサラと流れ循環しているわけですから、自然治癒力が増大しないわけありません。
わたしの課題である骨や歯の課題においても毎日、太陽を浴びているのでビタミンDも形成されカルシウムの吸収もよくなることでしょう。

そして、この機会を与えられ現代人共通の意識、まだまだ私の中にも深い部分で刷り込まれていた経済中心、効率重視の思考パターンからの脱出を試みられたことで、視界が格段に広がったこと。

本来の生命と生命の繋がりの世界に導かれたこと...なんと豊かな世界なのでしょう!未知なる体験はまだまだ続くのだと思います。ここで終わりということはなく...

そして、今回この体験を継続できているのもナチュラルハイジーンの生命の食事法があり、食事がもたらしてくれたエネルギーが導いてくれてのことだと感じています。

宇宙の塵から創られた人類のわたしたち。生命は生命により活性化される...

当たり前のことですが「体は食べたものからできている」そこから

次回は自然治癒力を引き出す、「不滅の原則」ナチュラルハイジーンの食事がどのようなものでどのような効果をもたらしてくれているのかについて書いていきたいと思います。

Love & Peace 「 ∞ ZERO ∞ 」

世界人類が平和でありますように...
世界人類が平和でありますように...

写真提供:Ryogi the photography 「∞ ZERO ∞」
https://note.com/ryogi369filmcam


上へ