自分を深く愛することはすべてを愛、慈しむことに繋がる... 11月のAroma.Ya.Soraワークのテーマです。

2020/11/01

いよいよ愛の時代への地球の大転換期到来!

Love yourself
Love yourself

11月、今月のテーマは「自分を深く愛すること」からすべてを愛、慈しむことに精通していこうということをテーマに瞑想会と霊氣交流会をおこなっていきます。
今日はそのためにどんなワークを深めていくかをお話したいと思います。

現代人の思考に対するカタルシスの必要性

カタルシスー浄化
カタルシスー浄化

瞑想を深めていくにあたって、現代人のわたしたちにまず最初に必要なことが思考のブロックを外すことです。
多くの方が座って静かにしているだけでは思考がグルグルめぐるだけで瞑想状態になかなか入れないのはそのためです。
パソコンに例えると、なかなか作動しないときの砂時計グルグル状態。。。

この思考グルグル、考えがとまらない状態は今まで抑圧し続けてきたこころのガラクタで脳のデーター容量が超えていることを示しています。
情報社会、資本主義の世の中で生きる現代人はデーターを入れすぎて動きが遅くなり、なかなか作動しない古いパソコンの状態とよく似ています。

下記に現代人の思考がどのようになっていて何故カタルシスが必要なのかをOSHOの言葉を
引用させていただきます。
*カタルシスとは... 抑圧しているこころのしこりを表出させることによってそこから解放させること。浄化法。

〜 カタルシスの必要性 〜

毎日60分間、世間のことを忘れてごらん。
あなたから世間が消えていかせ
そしてあなたも世間から消えていく

ぐるりと回って180度回って、ただ内側を見るがいい
初めのうちは雲しか見えない
それに惑わされることはない
それらの雲はあなたの抑圧によって作り出された
あなたは、怒り、嫌悪、貪欲…

そしてあらゆる種類のブラックホールに出会う
あなたはそれらを抑圧してきた
だからそれらはそこにある
だから傷のようにそこにある
あなたはそれらを隠し続けてきた

だからこそわたしの強調点は第一にカタルシスにある
深いカタルシスを通過しない限り
あなたは沢山の雲を通っていかねばならない
それは骨の折れることだ
それにあなたはあまりにも気短で世間へ引き返すかもしれない
そこであなたはこう言う

「何もありませんよ、蓮の花もその香りもありません
あるものと言えば悪臭とゴミばかりですよ。」とね。
あなたにはそれがわかっている

目を閉じて内へ動き始めるときあなたは何に出会う?
覚者(ブッタ)たちが出会うような美しい世界には出会わない。
そこには抑圧された あなたを待っている地獄や苦悶に出会う

幾多の生に渡って蓄積されてきた怒り
そこにあるのはまったくの混乱だ。

そこで人は外界にとどまることを望む
映画やクラブに出かけることや
人々と会って無駄話をすることを望む

疲れ果て眠りに落ちるまで、何かに従事していることを望む
そんな風にあなたは生きている

それこそがあなたの生のスタイルだ。

だから人が内面を見始めたとき
当然のことだが酷く困惑させられる

覚者(ブッタ)たちはこう語る
そこには大いなる祝福、大いなる芳香がある
あなたは咲き誇る蓮の花、永遠なるものの
それはすてきな芳香に出会う

しかもその花は色あせることなく
それは移ろいゆく現象ではないとね。
彼らはそのパラダイスについて語り
あなたの内側にある神の王国について語る

ところがあなたが内側に入ったときには
ただ地獄に出くわすばかりだ。

あなたは[ブッタの国」ではなく、アドルフヒトラーの集中キャンプを見る
当然だが。。。
これではまるっきりナンセンスだ。外界にとどまったほうがよい。
と、あなたは考え始める。

それに、どうして自分の傷口と戯れ続けなくてはならない?
それは痛みもし、また傷口からは膿がではじめて汚いものだ。

そこでカタルシスが助けになる
あなたが混沌瞑想法を通って行き
それらすべての雲、すべての闇を外界に投げ出し浄化したら
そのときは注意深くあること。が一層容易になる。

そうしたことからわたしはまず第一に混沌瞑想法を
そのあとに静かな瞑想法を

まず第一に活動瞑想法を次に受動瞑想法をと、強調する

そこにあるガラクタのようなすべてのものが投げ出されたら
はじめて受動性へと入っていける

怒りが投げ出され、貪欲が投げ出され
幾重にも層をなして、それらはそこにある

だがひとたびそれらを投げ出してしまったら
容易にあなたは滑り込める

妨げるものはなにひとつない
すると突然「ブッタの国」の光が輝き
あなたはまったく異なる世界にいる
「法華」の世界、「ダンマ」の世界、「タオ」の世界にいる…

現代人のわたしたちの心は古くなったパソコンと同じ

現代人の思考
現代人の思考

この幾重にも蓋をし続けてきた感情、感覚、様々なエネルギーをまず解放してこそ、
ほんらいのわたしたちの生ー静けさ、愛の空間にようやく出会えてくるものです。
ほんらいのわたしたちを生きる上で足かせになる不要な情報、感情、感覚、こころの傷が癒されないままにほったらかしになり、歪んだものの見方で固定されたままになってきているトラウマからの囚われ、思考パターン、社会における集団心理からの圧力...

これらのものの適切なデータ整理を行わず生き続けてきた人がほとんどなのではないかと思います...
パソコンのディスククリーンナップを定期的に行わないとパソコンは動かなくなり買い替えが必要になること、年末に大掃除をしたり、定期的な断捨離をしないと家が汚れ住みごごちが悪くなることは知っていても...
体とこころのクリーンナップを定期的に行うことの必要性はまだあまり知られていません。

自分を愛するためにまず必要なこと...こころとカラダの中の浄化(カタルシス)

Oneness
Oneness

2020年地球においての大変革の年の年の瀬である11月、今月はこころの浄化、自分を深く愛し、すべてのことを慈しみ愛していくためにはまず大掃除。カタルシスにフォーカスしたワークをしていきたいと思います。

OSHOが語っているように、「混沌瞑想」「活動瞑想」によりガラクタのようなものをとことん投げ出してから(マインドの断舎離)受動的な静かな瞑想に入っていくプログラムを月の前半と後半に2Daysずつ、11月は合計4Daysおこなうことにいたしました。

カタルシス瞑想によっての浄化と受動的瞑想による至福によってあなたはあなたの本質に入る...

ダイナミック瞑想in バンナ公園
ダイナミック瞑想in バンナ公園

「どんな自分もまるごと愛していこう」

11月6日(金)OSHO1Day瞑想会 inバンナ公園
10:00~12:00 OSHOダイナミック瞑想
12:00~13:00 ランチタイム
13:00~15:30 魂で語り合うアイコンタクトの魔法+OSHOナダブラーマ瞑想
     〜 ↑ ここまではバンナ公園D棟 〜

〜 *シンギングリン瞑想はAroma.Ya.Sora サロンにて行います。オンラインでの参加可能 〜
16:00〜17:00 シンギングリン瞑想

11月7日(土)カタルシス霊氣1Day交流会 in バンナ公園
10:00~12:00 OSHOマンダラ瞑想+トラウマ解放の霊氣ヒーリング
12:00~13:00 ランチタイム
13:00~15:30 怒りの解放+カルマ解放の霊氣ヒーリング
15:45~17:45 笑いの瞑想+参加者同志の霊氣ヒーリング
場所 6日、7日共にバンナ公園D棟

(6日シンギングリン瞑想はAroma.Ya.Soraサロンにて)

マインドのブロックを外し自然の中に感情を解放します。
カタルシスを起こしていき、まるごとの自分を愛していくことを深めていくワークを行いたいと思います。

定員 4名

*シンギングリン瞑想のみオンライン参加可能です。
他のワークは現地にお越しになれる方、少人数で行います。

〜11月後半のワークは現地サロン&オンライン両方参加が可能です。〜

11月22日(日)Aroma.Ya.Soraサロンにて
OSHO1Day瞑想会
10:00~12:00 OSHOサイレントダイナミック瞑想
12:00~13:00 ランチタイム
13:00~15:30 鏡の瞑想+チャクラサウンド
15:45~17:45 OSHOクンダリーニ瞑想

11月23日(祝月)Aroma.Ya.Soraサロンにて
OSHO瞑想+霊氣交流会
10:00~12:00 OSHOマンダラ瞑想+トラウマ解放の霊氣ヒーリング
12:00~13:00ランチタイム
13:00~15:30 怒りの解放+参加者同志の霊氣ヒーリング
15:45~16:45 霊氣ヨガ+言霊霊氣

参加費 1Day 9000円 1ブロック3000円
    サンクチュアリさんお弁当 1000円

深いカタルシスに導く2つの活動瞑想、OSHOダイナミック瞑想とOSHOマンダラ瞑想

瞑想とは花開くこと...
瞑想とは花開くこと...

この2つの瞑想は、瞑想=遊びのように自由である。という本来の感覚に戻れなくなっている
現代人のために作られたアクティブ瞑想です。

遊ぶということが難しいわたしたち。
それはあまりにも活動に巻き込まれているため、活動することが強迫観念となってマインドに深く根をはっているためです。
眠っているときでさえ活動的であり、くつろぐことを考えることでさえ活動的、くつろぐために
努力する...
とてもばかげているがロボットのようなこころの習性ゆえにそれが起こる。
これが私たち現代人のマインドのメカニズム。

この層を通過し、壊していくことが必要で...
活動が終止してしまうほど極端に活動的になること。活動的でいようと切望しているこころが
あなたの体系から放り出されてしまうほど、狂ったように活動的になること。
そうしてはじめて、深いカタルシスの後に非活動へと落ちていき、努力の世界でない世界を一瞥できる。
要は頭が作動しないくらいクタクタになる必要があるのです。

ひとたびこの世界を知ったらあなたはどんな努力もなくその中へと入っていける。
ひとたびそのフィーリングを掴んだら、なにひとつ為すことなく
どんなふうに「いま、ここ、に ただある...」をつかんだら
あなたはどんな瞬間にもその中にはいっていける。
どんなところででもその中にとどまっていることができる...

この二つの瞑想に加え、怒りの浄化、笑い瞑想、鏡を使い内側にアクセスする瞑想、アイコンタクトから魂と魂の接続を体験する瞑想 etc。。。を組み合わせてあなたをあなた自身の至福のゾーンに導いていくプログラムを作りました。

ぜひ、この好機会にみなさまのご参加をお待ちしています。
LOVE and Peace


上へ