感謝。宇宙まるごと、自分まるごとと繋がるワークPart 5 ご報告

2018/11/10

2018年最後のリトリートに相応しい濃〜い時間になりました。

包容力と知性、柔軟さを兼ね備えた女神様、誉田和子先生
包容力と知性、柔軟さを兼ね備えた女神様、誉田和子先生

2018年11月1日から3日までの2泊3日伊原間にあるプライベートホテルThe Seven Stars Resortにてプライベートリトリートを。そして、3日から5日までバンナ公園にてグループリトリートを行いました。
2月「宇宙まるごと自分まるごと繋がるワークショップPart1」に引き続き仙台「ヨーガライフシステムコンサルタンツ」代表であり、ホリスティック医学協会理事の誉田和子先生に再び石垣に来島いただき「陰陽五行から観る素質論を用いた自分史」「ホリスティックヨガ」をワークしていただき、Aroma.Ya.SoraからはOSHO瞑想をファシリテート。顕在意識、潜在意識の両方にアプローチすることにより、自分を深〜〜〜く知る「自己回帰」「原点回帰」のためのリトリートを行うことができました。

11月1日から3日、プライベートな空間で静かにじっくりと自分に向き合ってみることの境地..

The Seven Stars Resort でのプライベートリトリート
The Seven Stars Resort でのプライベートリトリート

今回、このプライベートリトリートに参加してくださった方は社会的な地位もおありでご家庭も円満、素晴らしいキャリアとご家族、お仕事、美貌...と全て兼ね備えていらっしゃる素敵なお客様。子育ても無事終えられ、これからの人生どの様に自分らしく生きていくことができるのだろう。。。と、若々しく瑞々しくいつまでも生きていくための大きなヒントを得たいという思いでのご参加だったと思います。同時に何かご自身の中に眠っているものを呼び覚ませるはず...との期待を胸にリトリートが始まりました。

このリトリートを始める前の数か月間、Aroma.Ya.Soraに集中的に1週間から2週間おきに通われ、身体が欲するその時に相応しい無制限の全身のトリートメントと瞑想を重ね、今までにない自分の内側の変化と現実に起きてくる様々な出来事に対するリンク、そしてそこから行動や思考パターンを変えることによって更に善い変化が起きこころも身体も軽くなるという体験を重ねてこられてからの今回のリトリート。また大きなステップアップを迎えることになりました。

彼女の忙しい様々な状況が一気に整理されこの日を必然で迎えることができたのは、まさに「タイミング」だったのでしょう。陰陽五行を用いた素質論からの彼女と彼女の廻りの方々のデータの蓋を開け...自分の今まで生きてきた経緯を振り返った結果、驚くことになりました。

彼女には、素晴らしい素質と大きなパワー、影響力を持つご主人がいらっしゃいます。そのご主人の「意に沿い」その偉大な影響力の元、彼女の生まれつき持っている輝きが偉大なご主人をさりげなく後押ししているかのように、彼女の立ち位置があり、同時に包容力あるご主人はまるで理想のナイトの様で、彼女をお姫様の様に大切に守られている関係があり、その結果お二人共にまばゆい光を放つような理想的なカップルという風に見えていました。。。が、しかし、宇宙理論に沿って探っていくと...彼女の持つ星の強さ、エネルギーと輝きが偉大なご主人を支えバックアップしているという逆方向からの視点が浮き彫りになってきました。Σ(・□・;)彼女の持つ星の強さから人脈との協力な関係を創り、その結果ご主人の成功や繁栄に導かれていたのでした。なんと弥栄の源は目に見えていた形、思っていたものと違っていたのです。

お互いが生かされ合ってきたということには変わりはないのですが、今までは片方の側面から人生を見ていたのでした。しかし、宇宙は陰陽、二つの局面があるのだということをまざまざと見せつけられる結果に導かれたのでした。(^▽^;)...

。。。まさに青天の霹靂でした!これを知った彼女は特にショックを受けられたことと思います。がしかし、彼女の魂の本来の強さ今回の扉を開けるという勇気のエネルギーに導かれてのことなのでしょう。もう一つの真実を知り受け入れ、その人生を一歩踏み出すには本当にエネルギーを要することと思います。

その美しい美貌からお膳立てされた中にお姫様の様に扱われること、ご主人の庇護の元安心していられ、物事の選択をご主人に頼り生きてきた生き方から、本来の星の力を発揮し、自分の足で立ち知性を磨いていくことにより自分の生き方を確立していく新たな時がやってきている。今後はその上でのご主人へのサポートという形がお二人共に、全体の調和のために自然なベクトルに導かれるという今後の流れが顕かになりました。(^▽^;)....彼女の素質には専門性を持って極めていくことで自身も廻りの方々にも益をもたらすという秘めたるエネルギーがありました。この持って生まれたエネルギーを生かすからこそ調和がされ物事をスムーズに動かす流れになっていくのです。バラはバラであること、ひまわりはひまわりであることで美しい、それは人間も同じで持って生まれた特質のままに生きるから美しいし、自然や廻りとのエネルギーの調和が成り立つ。

今回の和子先生の魂の役割を通しての包容力あるカウンセリング、そして本質をズバッとクリアにされていく識別力と知性は宇宙の愛として彼女の魂に自己成長のための光、落雷の様な衝撃を与えたのではないかと思います。まさに、この様な気づきがあったとシェアをお聴きして夕食のために外に出たところ、夜空にフラッシュが起き雷=神成りが起きました。この落雷の衝撃が彼女の本質と融合するには少し時間がかかることと思います。どの様に今回の事を彼女が受け止め人生に生かしていくかは未知ですが、ご縁あるかぎり、ゆっくり整理しながら新たな生き方に移行されていかれる様、サポートをしたいと思います。過去から今、そして未来へとつなぐために...

2018年、まさに地球規模での革命の年、お一人お一人に本当に衝撃が起きていますね...本質を極めていくこと。。。宇宙との接続、自分の魂との接続、それはまさに大気圏を突き破っていくような衝撃からのスタートでした。

11月3日から5日バンナ公園でのグループリトリート

3日の朝、リトリート前に私たちの現れた孔雀たち。
3日の朝、リトリート前に私たちの現れた孔雀たち。

グループリトリートの初日。朝から夕方までバンナ公園にてグループでのOSHO瞑想と自分史を行いました。この日は朝、瞑想を始める前に4羽の孔雀が現れ(うち一羽は白い孔雀でした。)私たちを祝福してくれました。昨日までの雨と雷(神成)からはうって変わって空は晴れ渡り、清々しい朝の始まりでした。大気圏を突き抜け幕が開けたのでしょう。。。!OSHOダイナミック瞑想、マクロビランチ、OSHOチャクラサウンド瞑想、陰陽五行素質論を用いた自分史...というプログラムの1日目でした。

初日のダイナミック瞑想でエネルギーの解放を体験

OSHOダイナミック瞑想
OSHOダイナミック瞑想

今回、初のOSHO瞑想を体験される方もいらっしゃいました。OSHOダイナミック瞑想のパワフルさに驚きながらも痛みの感覚をエネルギーで俯瞰して観るという体感を掴み、自分の身体から不要なエネルギーの解放が起こることを皆さん体験することができました。そして、お一人お一人が全身全霊で瞑想し、自分と向き合っていくことで各人に想像もつかないような深い気づきに導かれました。こんなに泣きたくなる感情はどこからくるのだろう...手を挙げてジャンプしていることで手の先から不要なエネルギーが抜けていく不思議な感覚を味わいながら瞑想に入る...この感覚が宇宙と繋がる感覚なのだ。。。と実感を新たにされた方もいました。ご自身のマインドのパターンに深く気づかれ、数日後今まで感情がへばりつき、リアクションしていた出来事を冷静に俯瞰して観ることができたお陰で人間関係が円滑になるという体験に繋がった方もいました。まさに恐るべしダイナミック瞑想の効果の深さと速さです。

OSHOチャクラサウンド瞑想で大地、自然と自分,みんなと繋がる至福..

OSHOチャクラサウンド瞑想
OSHOチャクラサウンド瞑想

サンクチュアリさんお手製の心のこもったマクロビランチを至福の感覚でいただき、午後はOSHOチャクラサウンド瞑想でした。この瞑想はダイナミック瞑想の様に古くからあるマインドの牢獄を壊し、起こるがままに俯瞰して観続け、深く気づいていくための瞑想とは異なり、自分の内側にあるスピリットと一つになっていくための瞑想です。チャクラのバイブレーションを感じ、ひとつひとつのチャクラが光によって繋がっていく感覚と、バンナ公園の自然からの風の感覚、窓から入ってくる木漏れ日の心地よさ、皆のサウンドがシギングボウルの様な共鳴を起こし、セミたちも鳴き始め、自然とも一体化されていきました。その感覚が大地との接続を促したのでしょう...共鳴作用でほぼ全員に大地とのコネクトの感覚が生まれ、心地よい感覚を味わえた様でした。まさに、このバイブレーションが本来の魂との接続、自然との接続、宇宙との接続の至福感なのでしょう...共に感動をあじわうことができました。

陰陽業の素質論が開示され、そこから自分の人生を振り返る...過去から現在、そして未来に繋がる...

バンナの光の中顕在意識と更に繋がる
バンナの光の中顕在意識と更に繋がる

今回の参加者全員素質論からみたエネルギー値が平均以上あるパワフルなメンバーでそれぞれの素質を知ることによって、過去の人生を振り返り新たな確認をすることができました。そのことにより、ご自身とより深く精通することを体験する方もいましたし、逆に前述の方の様に、自分を真逆の思いこみの中に閉じ込めていたと気づき、ここからの新たな視点をみつけ、源とのつながりを強められた方もいました。今までご縁のある方々と今世どんな学びがあったのか。。。そして、偏愛マップをかくことによってどの様なことが好きで好きなことを通して「魂から湧きおこるワクワク」にどの様に人生を導かれてきたのか。。。さらには、今日の瞑想で得られた感覚を自分史の中に落としこんでいき文章を仕上げ、新たな自分が観えてきました。初日のグループリトリートにして、皆さんのパワーと自己開示力、自然の豊かさが見事にハーモニーを奏でた素晴らしい宇宙まるごと自分まるごと繋がる時間になりました。

バンナ公園2日目リトリート  死ぬ気で?!体験 OSHOダイナミック瞑想

oshoダイナミック瞑想の極意
oshoダイナミック瞑想の極意

2日目のダイナミック瞑想はまたまた激しい瞑想になりました。午前中は男性二人の参加だったため容赦しません。(笑)今日は思いっきり体育会系のノリでファシリテートすることに...普段出せない感情解放を自然の中で思いっきり吐き出すことを提案。1stステージの鼻からの呼吸も2ndステージの溜めてきてしまった感情や狂気を吐き出す、3rdステージのジャンプも4thステージの手を挙げたままストップも...全て「死ぬ気」でやってみることにしました。その結果、エゴが死にました...(笑) お一人の方は3か月前まで歩くことができなかったですが、瞑想中なんと既に「駆け足」ができるくらいに足が快復していることに気づきました。( ゜Д゜)

実際、瞑想中に走ることができたのです。OSHO瞑想が座る瞑想ではなく「アクティブ瞑想」だということの一つのエフェクトですね。彼はこれにより、自分のマインドがどの様に今まで暗示をかけ続け、それに呑まれてしまうことからのエゴのトリックを解除したのです。

前日は不安と恐怖の極致に陥っていたという瞑想前の準備万端の状態に宇宙は彼を整えられ、今日のダイナミック瞑想。まさに青天の霹靂だったことと思います。手を挙げてストップの時はイスラム教のテロリストに拉致されオレンジの服を着せられ殺されるという感覚だったそうですが(笑)(≧▽≦)殺されるはおろか、その恐怖の感覚が挙げていた手の先からエネルギーとして抜けていくことを感じられたそうです。その結果、ほんとうの自分に自信を取り戻すことができました。

ホリスティツクヨガで究極の至福の時間...

ホリスティックヨガ
ホリスティックヨガ

今日も彩り豊かなマクロビ弁当を感謝していただき味わいました。午後はお待ちかね、女神様誉田和子先生のホリスティックヨガで深〜〜〜いリラックス...死ぬ気で行ったダイナミック瞑想後のホリスティックヨガ。。。こんなに心地よさを味わえるヨガがこの世に存在するのだろうか...と思えるほど細胞の隅々まで新鮮な空気がいきわたります。和子先生の柔らかな誘導の声から今回も黄金が放たれ金粉のオーラに包まれていくかのような感覚でした。(*^-^*)最後のシャバーサナでは深い眠りに誘導されていきました。

あらためて、OSHOダイナミック瞑想の「陽」の激しさとそれとは真反対の誉田和子先生の「陰」のホリスティックヨガは絶妙な宇宙バランスなのだと再認識させてもらいました。
今、思い出してもあの静寂の至福にすぐに入ることができます...ボディ、マインド、スピリットがまさに溶け合って一つになっていく感覚なのです。

一人一人に合ったヨガを提案

身体本来の柔軟さに辿り着く..
身体本来の柔軟さに辿り着く..

和子先生のホリスティックヨガは、参加者の方々のその時の状態に合わせて無理のない方法での誘導なので、自分をいつわることなく、ありのままに受け止めていく感覚をもヨガの中で養ってくれる感じがします。気負いなく誰に合わせることなく、自分の身体と内側にだけフォーカスできるのです。まさに、からだ、こころ、たましいが素直にひとつになっていく感覚、1日目に行ったチャクラサウンド瞑想の至福感のバイブレーション、魂のバイブレーションに精通することのできるヨガでした。最高の心地よさ...!実はこんなに身体が柔軟だったのか...と思う自分の身体の新たな一面をも感じることができました。

2日目の自分史でさらに深いところに到達...皆さんの自己開示に涙全開...!魂の震えを体験

花開くこと
花開くこと

素質論とエネルギー値を元に今日も各々自分の歴史を振り返り、文章に起こしました。今日は書かれた自分史をシェアし、それを聞いてどの様に感じたかをシェアした方にフィードバックするというワークをしました。お一人お一人の自己開示が本当に素晴らしく、どなたの自己開示からも魂の共鳴が起こり、涙が自然に流れました。また、参加した方全員のフィードバックも愛に溢れ素晴らしいものでした。まさに魂と魂の交流そのものの時間になり、今まで知らなかった視点で自分を発見することができました。こんな短時間でここまで深められることに驚きと感動でした。そして、他の人のシェアから自分とその方との深いつながりを確認することにも繋がるという今世だけでない縦横無尽の繋がりを理解することになったのです。

3日目最終日。意識を脊柱に置く…

内側に内側に入っていく…
内側に内側に入っていく…

今回、リトリート中にお誕生日を迎えた方がいます。

お誕生日の日に新しい命に導かれるという宇宙の仕組みはまさに、その方にとっての祝福以外のなにものでもないのだと思います。まさにReborn。一緒にこの日を共にできるわたしたちの喜びもひとしおでした。

さらにわたしたちは内側にフォーカスさるため目を閉じて背骨を視覚化する。自分の内側の骨や血管や神経や内臓が視覚化できるほどに内側をイメージし、自分の中へ中へ入っていく瞑想を試みました。

そして、感じることができたのです。自分の中のマインドの癖と身体の痛みが繋がっているという事が。自分特有の不完全な心のパターンが身体の不具合に繋がっているということを…

この感覚に到達する瞑想ができること=魂の自分に繋がることが許されてきたという証。

宇宙からの最高のギフトだったのではないかと思います。

音の中心にある沈黙こそ...本体の感覚

音の中心にある沈黙を見つける
音の中心にある沈黙を見つける

2日目同様、ダイナミック瞑想後ホリスティックヨガを行い、至福を味わい、マクロビお弁当を感謝していただきその後とクンダリーニ瞑想というプログラム。ところがお昼休みにちょっとしたハプニングがありました。小さいお子さんたちが沢山わたしたちの廻りに集まってきてキャッキャ、キャッキャとはしゃぎだしたのです。お弁当を食べている私たちを窓の外から覗いて無邪気にしていました。確認すると、毎週定例でこの場所で活動を行っている幼児グループとその先生達の様でした。

瞑想を始めるにあたって外の声が気になるとの参加者の方々の意見がありその旨を伝えると、そのグループの方々もいつもこの場所で活動しているので、わたしたちの都合に合わせて他に移動することはできない。との意向で、そのままお互いに場の共存をしながら進めていくことにしました。

このシュチュエ―ションが与えられたのも宇宙からのギフトです。この場のシュチュエ―ションの中、どの様に自分達の気づきがあるのかを観ていくことがひとつのチャレンジ。あらためて自分のマインドのリアクション、思考パターンを観ることができます。

OSHOからのメッセージは「音の中心にある沈黙を見つける...」
この場所を自分の内側に瞑想中見出すことができれば、子供たちの声は素晴らしい自然のBGMなのです。
静かな環境でなければ瞑想できないということではない,お陰で自分の中心に入ることができた貴重な体験をすることができました。

OSHOからのメッセージ 1

光と共に生きることの至福
光と共に生きることの至福

音の中心にある沈黙を見つける
 
目を閉じて、宇宙全体が音で満たされていると感じなさい。すべての音があなたに向かって動いていて、あなたが中心であるかのように感じなさい。あなたが中心であるというこの感覚は、とても深い平和を与えてくれるだろう。宇宙全体が円周になり、あなたが中心だ。そしてすべてがあなたに向かって動き、あなたに向かって落ちている。                              
 
中心は、無音だ。だからあなたは、音を聞くことができる。音には、別の音を聞くことはできない。中心は絶対的な沈黙だ。だからこそあなたは、音があなたに入り、あなたのところに来て貫き、取り囲むのを聞くことができる。
 
センターがどこにあるのか、すべての音がそこにやって来る、あなたの内なる場所がどこにあるのか、もし見つけることができたら、突然音は消え、あなたは無音の中に入るだろう。すべての音が聞かれる中心を、あなたが感じることができたら、突然の意識の移動が起こるだろう。一瞬、あなたは全世界が音で満たされるのを聞いていて、そして次の瞬間、あなたの意識は突然内側を向き、あなたは無音を、生の中心を聞く。
 
この音は良くあの音は悪いとか、これは妨害で、あれはとても美しく調和しているなどと、音について考え始めてはならない。単に中心について考えなさい。あなたが中心で、すべての音があなたに向かって動いていることを、ただ覚えていなさい――ひとつ残らず、あらゆる種類の音が、あなたに向かっている......。
 
音は耳で聞かれるのではない。耳はそれらを聞くことはできない。耳は伝達の仕事だけをする。そしてその伝達において、あなたにとって無用な多くのものを切り捨てる。それはえり抜き、選択し、そしてそのあとの音があなたに入って来る。今、どこにあなたの中心があるか、内側に見つけ出してごらん。耳は中心ではない。あなたはどこか深いところから聞いている。耳は選択した音を、単にあなたに送っている。あなたはどこにいる?あなたの中心は、どこにある?

Osho
Excerpted from The Book of Secrets
www.osho.com/copyrights

OSHOからのメッセージ 2

青空と碧い海とひとつ
青空と碧い海とひとつ

自分自身を受け容れなさい
 
バラの花はバラの花だ。その実存が何か他のものだと疑う余地はない。そして蓮は蓮だ。バラは決して蓮になろうとしないし、蓮は決してバラになろうとしない。だから、彼らは神経症患者ではない。彼らは精神科医を必要としない、彼らはいかなる精神分析も必要としない。バラは健康だ、なぜならバラはただ自らの現実を生きているからだ。
 
そして人間を除いた存在全体が、そうしている。人間だけが、理想と義務(should)を持っている。「こうあるべきだ、あのようであるべきだ」――するとあなたは自分自身の現実(is)から分離してしまう。義務(should)と現実(is)は敵同士だ。
 
そしてあなたは、あなた以外の何にもなれない。それをハートに深く沈み込ませなさい

――あなたはあなたであるものにだけなれる、決してそれ以外ではない。ひとたびこの、「自分は自分にしかなれない」という真実が深く沈み込んだら、あらゆる理想は消える。それらは自動的に放棄される。そして理想が存在しない時、現実と遭遇する。その時、あなたの目は今ここにある。その時あなたは、あなたであるものにとどまる。分裂、分断は消えた。あなたはひとつだ。

www.osho.com/copyrights

OSHOからのメッセージ 3

リトリートのフォローアップ瞑想での笑顔
リトリートのフォローアップ瞑想での笑顔

ガイダンス
 
ガイドは外側にいるのではない。ガイドはあなたの内側にいる。人はガイドを見つけるために、自分自身の存在深くに入っていかなければならない。ひとたび内なるガイドが見つかれば、もはや誤りはなく、後悔はなく、罪悪感はない。良いことをしているか悪いことしているか、疑う余地はない。何をしようとも、良い。それは道徳の問題でもない

――その人の存在そのものが良く、そしてそこから起こることは、何であれ良い。人は光に照らされて歩き、そして人は軽やかに歩く。なぜなら頭と、頭の重荷がもはや存在しないからだ。そして人が光に照らされて歩き、軽やかに歩く時、生は笑いに、愛に、喜びになる。
 
ひとたびガイドが見つかれば、あなたは自らの内側にマスターを見つけている。

www.osho.com/copyrights

宇宙まるごと自分まるごとと繋がる...

今日が新たな始まりの日
今日が新たな始まりの日

リトリートでの体験は完成ではなく、始まりです。自分と繋がる、宇宙と繋がる感覚を体験し、日常でこの感覚を生かし、さらに気づきが深まっていくことでしょう。今、ここを生きる素晴らしさに。すべてに感謝。合掌


上へ